雅子さまは行動科学がお好き?

雅子さまの治療に関しては

長らく
東宮職医師団という
謎の団体名しか
報道されませんでした。
 ―ユング派が指名されてるだろうなって
 想像してました。

『週刊新潮』
2007年1月4・11日新年特大号
<特集 かくも色濃い「皇室の憂愁」>
(p30-31)によれば

ご自身が医師を探しては
コミュニケーションが
うまくはかれなくなって
中止することを繰り返していたようです。

処方された
アメリカの薬には
不信感を抱き
アメリカ大使館に
直接問い合わせたりして
おられます。

このブログを読んで下さっている
方々と同じような
苦境にあったようです。

それが
2006年7月28日
オランダ静養出発に当たって
主治医名が明かされましたよね。
(確か写真つきで)

この先生
認知行動療法の研究してますね。
 ―本日朝日新聞一面の下に
 本の広告あります。

アメリカっぽい
(行動科学)のが    
お好きなのかなぁ…

歴史的には
催眠法というのが
臨床心理学の始まりで
その後
精神分析と行動療法に
分かれたのです。

こころは見えないから
行動を変えようという考え方です。

トラウマはこころの最たるものですね。
つまりトラウマ否認の方法です。

病院では
摂食障害に行動療法するから
(なんと箱庭しながら叫び)  ←かぐや姫=わがままと見立てて…
みんな逃げ出します。

ユング派のオフィスからも  ←治療費高いです
逃げ出しました。

どこへ消えたのかな?って
思ってたら
自助グループでがんばってると  ←謙虚な会です
教えてもらいました。
 ―心理学史的には
  実験の失敗で    ←逃げ出すとか言うこと聞いてくれないとか
  大発見が起こることが
  頻発してます。

自助グループは無理として
今のもちょっと…        ←一寸って大分長いです

PTSD研究家翠雨の日記

先生から距離とったって
報道が本当なら
いいな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です