書壇の風雲児榊莫山さんの御霊に誓う

$PTSD研究家翠雨の日記

急性心不全のため
3日に
84歳で亡くなってました。

優秀な方でしたが
書壇の権威主義を嫌って
30代で無所属となり
独自の書を追求し続けて
こられました。

異なるいろんなジャンルの
芸術家と組んで
競作展を開催

自作の詩に絵を添えた
「詩書画一体」の新しい芸術世界も
創造し

「書壇の風雲児」
「書壇の異端児」と
呼ばれました。

著書には
芸術のありようが
権威権力に対して
卑屈になっていると
書いておられました。

大好きな書家さんの一人なので

追悼の意をこめて

体育の日の
権威との対決がんばろうと   ←日本箱庭療法学会ドキドキ
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です