ロマゾフィー協会幹部逮捕と現代臨床心理学

心理療法の源は
宗教や哲学で

中世では
まっとうな
(どういう意味で?ドクロ
寺や教会で 
悪魔祓いが行われていました。

鞭打ちや頭蓋骨にアナを開けるなど
ひどい治療さえ横行してたと
教科書に書いてあり

学生の頃は
おののいたものです。

オウム事件は特殊で
あれが終焉だと
思ってました。

フロイトは
心理療法を
宗教でなく科学にしようと ←これも無理がありますが…
やっきになったわけですが

残念ながら

臨床心理学は
猛スピードで
心理史を
逆行してますからね。

そして昔でいう
ヒステリー(PTSD)の時代ですからね。

こういう事件は
あっても不思議じゃないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です