榊莫山を毛嫌いするPTSD女性書家

3日
84歳で亡くなりました。

$PTSD研究家翠雨の日記

不思議なことですが

昨日
ある書家のことを
急に思い出したと思ったら
訃報を目にしたのです。

76歳の女性書家ですが
認知症的な
健忘症が進行しています。
 ―同じことを何回も言って
  怒ります。
  私は「もっと食べろ」と 
  言われ続けて
  閉口した…
  「食べさせてくれない」ってのも
  困りますが
  「食べろ」攻撃も困りますよあせる

身体的には
健康なのですが
内科のクリニックに
よく入院します。

先生は
「不安なんだろう?」と
見抜いていて
応えてくれているのです。

それがよいことかどうかは
さておき

莫山さんのことは
相当嫌ってましたね。

「大酒のみで
飲み屋のつけがたまってるって   ←自分はお稽古の合間に飲む
うわさやわ」            (投影ですね)

朝日新聞によれば
一滴も飲めないけど  

大酒のみの人と
楽しく話せる
豪放磊落
おおらかな人だったようですね。

書の世界もまた
権威の世界です。
(そこでしか通用しない権威ですが)

戦後南方から関西にやってきて
苦労しながら
トラウマを抱え
権威に必死にしがみついて    ←これ自体は大事なことです
ポストを得た人には
莫山さんみたいな
個性化の過程を歩む人は
まぶしすぎたのでしょう。

どこの世界にも
似たような話はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です