陰陽五行説と華厳経の具現化としての【ひらかた菊人形】

$PTSD研究家翠雨の日記

ひらかたパークという
子どもが行きたがる
明るい遊園地の
イベントホールで

秋に開催される菊の祭典で

主にNHKの大河ドラマ等を
テーマにしていましたが

製作する菊師の高齢化と
後継者不足などを理由に
2005年12月4日で

96年の歴史に幕を下ろしてました。

今年だけ
5年ぶりに
復活するようです。

遠目にみると
一枚の布のように見えますが

近くで見ると
1つ1つが
日本でいう仏さんの花で

生きてますから
日々変化するんですね。

むせるような香りとともに
なんかちょっとこわーい感じも
します。

明るさと暗さの陰陽ですね。
(子供向けと大人向けかも)

$PTSD研究家翠雨の日記

花を飾るといえば
華厳経

$PTSD研究家翠雨の日記

菊が
【一即多 多即一】を象徴してます。

$PTSD研究家翠雨の日記

それを
【海印三昧】と言います。

日本人の無意識は
陰陽五行説と華厳経で
できてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です