『チャングム』第四十ニ話  民間信仰の無意識的意味

チャングムの養父
いい人だが
おっちょこちょい
 ―何らかのトラウマがあるのでしょう。
  恐妻とか…
チャングムの友人の側室が
妊娠したので
安産のお守りをあげます。
なんと
お寺でこっそり
石仏の鼻を削るという
荒業…
もちろんそういうことは
してはいけませんし
科学的根拠はゼロでしょう。
しかしなぜ
鼻なのかは意味があるでしょう。
私はそういうことに興味があります。
$PTSD研究家翠雨の日記
禅のやりとりに
殺人 人の鼻孔を曳いて
 直得脱去す
 …始得ならん】
なんてのがあります。
子どもじゃあるまいし
人の鼻の穴引っ張る大人はいませんね。
禅寺ではそういうことを
大真面目にするのです。
大事だから…
そんなことされたら
はっ!とします。
無になります。
それがリセットの秘策です。
   (始得)
太は太極です。
陰陽の出てくる太極に   
立ち返り
それを壊して再生するのです。
 ―食べるか食べないかではなく    ←摂食障害認知行動療法
 そういう議論が出てくるおおもとに
 退行して考え           ←トラウマという記憶
 その古い考えを
 現状にあうものにします。
鼻は1つで
呼気と吸気
先天的であり後天的
当たり前に呼吸してますが
当たり前にできない人もいます。
陰陽の象徴です。
人間の行動には
すべて意味があると
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です