『チャングム』第四十二話 親切そうな悪意

チャングムの友人は
側室になり
妊娠中です。
食事係が
牡蠣や海老、牛乳
骨の煮汁など
なかなか手に入らない
高価な食材で
調理します。
脈をみたチャングムが
陰謀を見破りました。
宿敵たちは
流産させようと
高血圧を起こさせて
いたのです。
野菜ばっかりしか出さないと
「大丈夫?」って言う人はいても
豪華な食事だと
大事にしてるみたいですよね。
こころが不安になった人に
眠れなくなった人に
「不安なんか幻想だから
無視しなさい」って言ってあげて
薬を出したら
(たくさん出したら)
優しそうで
正しくて
緩和剤を出そうとせず
「不安には意味があると思うよ」
なんて言ったら
「そうですね…あせる」とは
言ってくれるでしょうが
相手にしてもらえないことは
あるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です