大学教授の兄に麻酔薬入りの飲み物を飲ませ殺害未遂のPTSD医師

世田谷区の
60代の医師です。

今年1月
自宅を訪れた
大学教授の兄に
麻酔薬を入れた飲み物を飲ませ
殺害しようとした疑いが
持たれています。

兄は飲み物を飲んだ後
呼吸困難の症状を訴えて
病院に運ばれました。

憎い!と思ったのかもしれません。
それは誰にでもあることです。

その先
兄がどうなるか
自分がどうなるか
医院がどうなるか
家族がどうなるか

考えずに
行動してしまうことを
【解離】と言います。

最近増えている
PTSD犯罪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です