PTSD時代のノーベル文学賞ペルーの作家マリオ・バルガスリョサ氏

いいお顔ですね。
74歳です。

$PTSD研究家翠雨の日記

スウェーデン・アカデミーは
授賞理由を

「権力構造の『地図』を作り
個人の抵抗、反抗、挫折を鋭く描き出している」

説明しました。

家庭に
村に
職場に
病院に
学閥に

あらゆる場所に
権力による
横暴が存在する可能性が
あります。

それがPTSDの根っこです。

抵抗し
反抗することが
回復の道です。

いばらの道ですが
イエスを始め
そこを歩いた
先人が多数います。

あきらめない限り
挫折はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です