お祭りの屋台とユング心理学の普遍的無意識

$PTSD研究家翠雨の日記

高山市の
秋の高山祭で
豪華な屋台11基の曳きそろえや
からくり奉納など
祭り事が予定通り行われました。

行事はもちろん
陰陽五行からです。

屋台って

1つの家とか
宮殿とかを
凄いたくさんの人が
支えて動かしてるんですよね。

集合的無意識を思いました。

家庭の常識と
それを支える家族

国の常識と
それを支える国民

学会の常識と
それを支える学会員

そして屋台は複数あって
ぶつかったりもするんですよね。  ←宗教戦争

そういうものの見方を
昔の日本人は
当たり前にしてたようですね。

この屋台の写真の構図は
ユングの集合的無意識の構図
そのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です