自殺と犯罪紙一重の警告発したJR京浜東北線

線路に飛び降りて
電車を止めた容疑で
(威力業務妨害)

無職の62歳男性が
逮捕されました。

JR京浜東北線南浦和駅
(さいたま市南区)の
ホームから線路に降り
座り込みましたが
電車が近づくと
レールの間にうつぶせになり

普通電車(10両編成)を
停止させたためです。

容疑者男性はひじに軽傷

「死のうと思ったが
怖くなって伏せた」と
供述しています。

安全点検などのため
京浜東北線は最大約1時間遅れ
1万人以上に影響しました。

よくあるJR遅延の
本当のところです。

正直に公表したのは
いいですが

犯罪に切り替えて
問題解決しようと
してるんじゃないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です