小浜無職の二十歳タクシー運転手殺人未遂のPTSD的意味

客として乗っていた
タクシーの男性運転手(50)に

「一緒に墓参りをしてほしい」と
言って

小浜市青井で車外へ誘い出し
山中で手を合わせているところを
後ろからナイフで
切りつけ

後頭部と左手に軽傷を
負わせました。

「タクシーがほしかった」と
意味不明の供述を
しています。

墓参りって大事です。

死者と対話し
死者との思い出である
記憶をこころに
きれいに収める作業ですから。

何らかの
トラウマがあって
それを捉えなおしたいって
無意識的欲求が
あったのでしょうね。

傾聴してくれる人も
必要ですし…。

太殺人 人の鼻孔をとって  ←鼻の穴は陰陽
直得脱去するなんて

道元は書いてます。

こころの中で
太極を殺さなくては  ←易学的リセットの源
ならないわけで

優しい運転手さんを
殺そうとしたのは
行動化(アクティングアウト)です。

PTSDを克服すれば
たくさんの人を救います。

仏教では渡すと言います。

たくさんの人を運ぶ
タクシーが欲しかった

それはよいのですが

すべてはこころの中で
行われるべきことでした。

後の祭りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です