皇太子さまの修験道登山その臨床心理学的意味

$PTSD研究家翠雨の日記
「修験道の信仰の山を
昔の人がどんな思いで
登ったのか考えながら
大変楽しく登らせてもらいました
 ―西洋の登山家と違うところです。
  今どきのヘンな日本語でもないです。
  山は登らせてもらうものなのです。
そう笑顔で語られたそうです。
古くから霊峰とされ
日本武尊が
山の神との戦いに敗れ  
傷を負った地とされます。  ←祖先のトラウマを想う
 ―山は鬼門(変化宮)
  命がけで登るものでした。
古代には
三関のひとつである
不破関が置かれていました。
 ―普通の人はここであきらめる。
  英雄は破する。
愛子さまも雅子さまも
なんか元気を取り戻されつつ
ありますね。
 ―治療法変えたんでしょう。
窮すれば通じると
陰陽五行説では言います。
$PTSD研究家翠雨の日記
究極の陰のなかに陽が
あったのですネ。
ポニョのように
さらに看破しつづけることが  ←ヒットしても家出宣言!
大事です。
それはいにしえの
修験道の人がしたことと ←道ですからね終わりはないのです。
少しも変わらないのだと
いうことでしょう。
さすが日本の象徴
こころのケアの皇室には
シンプルかつ究極の
考え方が当たり前のように
存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です