チリ救出劇16人中2人が心理学者にクレーム

全員で33人ですが
本日の朝刊の段階では
17人の救出に
成功していて

16人の人の
お顔と紹介文が
朝日新聞には
ありました。

なんと叫び

27歳のカルロスさん
「もう心理学者のお世話には
なりたくない」
(母親に漏らしていた)

27歳のダニエルさん
「これ以上どんな気持ちかと
聞かないで」
(親類への手紙に心理学者への苦情)

はっきり言った人が
2人だということで
言わない人がいても
それはわかりません。

阪神淡路大震災では
もっと大きく批難されたそうです。

「帰れ!」とか…

私もこのころの
臨床心理士は大嫌いだった。
 ―だから資格を取らなかった。
  凄い異端扱いされたけど
  今はそれでよかったと思っている。

臨床心理士は
災害被害のトラウマがあって
及び腰になったのかな?

だから
私の存在に感情的になったり
即刻否定したりしたのかな?
(「殺す気か」とまで言われた)

でも少し変わってきたようだから
今は静観します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です