チリ鉱山落盤事故発見時は72時間の絶食状態だった

地下に閉じ込められた
作業員33人の生存が
事故発生から
17日後に
判明した際
全員が72時間の絶食状態で
極限まで
追い込まれていた
ことが
わかりました。
仕方なく
結果としてそうなったのですが
(自己実現する人は
みんなそうです)
絶食や
極限状態って
夜明け前なんですよね。
ハンガーストライキは
人を動かしますから
運命も動かします。
もちろん危険と隣り合わせだから
安易に勧められませんが
聖者のなかには
自分からそこに身を置いた人も多いし
PTSDを克服した思想家は
みなそうです。
 ―図書館の偉人コーナーは
 その事例の宝庫です。
陰極まれば陽に転じる
$PTSD研究家翠雨の日記
これを証明する
大きな流れに
あらたに33人が加わりました。
世界は奇跡の確認に
湧いたのでしょう。
『岩窟王』を
思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です