公案【如人千尺懸崖上樹】をPTSD理科講師が説く?

鳥取県米子市の
市立中学校で

理科担当の
男性常勤講師(70)が

「作用点」など
物体に働く力を
教えようとして

生徒に
「がけの上に立っている人の
どこにどういう力を加えたら

落ちて死ぬか
助かるか、一緒に落ちるか」と
問い掛け

生徒が驚くと

「どこに力を加えたら
あの世にお送りすることになるか」と  
変更

「殺せば罪になるし
助ければ表彰される」とも
説明しました。

さっき急激に
アクセス増えたと
(ぺタ反応)
思ってたら
これかな?

【如人千尺懸崖上樹】ですね。 

宮崎監督が
泣きながらポニョを生み出したのです。

神経症と不安の時代に
大事な大事なこころの魔法ですが

教え方が
【解離】してましたね。

解離したら
世界が物理の世界になると

よく書いたものですが

理科の先生が証明してくださいました。

米子って
かぐや姫をわがまま扱いし
じゃんけんをバカにする
臨床心理士のいるところでした。

教え子かな?
 ―JOKEですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です