『ツリーハウス』角田光代と『借りぐらしのアリエッティ』

【すべての家庭の床下には
戦争の記憶が眠っている】

そう書いてあります。

アリエッティみたいですね。

床下は
ユングの
普遍的無意識の【象徴】ですからね。
 ―ユングは夢の中で
  これを発見しました。

ゲストハウスさながらの
大家族の足元には
大陸帰りの物語

眠っていました。   ←無意識

【日の丸】【君が代】は
日本人の
普遍的無意識にある象徴です。
 ―えもいわれぬ感覚に襲われるでしょう。
  無条件に…
  アフリカ人がみたら
  ただのデザインや曲で
  愛着も拒否感もないです。

祖父の死で虚脱してしまった  ←PTSD
気丈な祖母ヤエを伴った
満州行が

封印された過去への旅の幕開けと
なります。

戦争、引揚げ、戦後を生き抜いた

トラウマに寄り添うのでしょうね。
 ―一般に
  女性はちょっと躁的防衛しながら
  活き活きと話すようですが
  男性は話さないそうですね。
  
それに向き合うことが
本人のみならず
家族のそれぞれのこころの成長にも
つながる作業であることが
示されているのでしょう。

PTSDの啓蒙書みたいな
本ですネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です