京都府警下鴨署巡査部長と下着泥棒はPTSD解離で同一人物になる

39歳の男性巡査部長です。

自宅マンションにある  ←何も考えていない証
住民用の洗濯場から
女性用下着を盗んだ疑いで
右京署に任意で事情聴取された後
失跡しています。

ひどい解離ですね。
PTSDとしては
相当重症です。

何があったのでしょう?
 ―なんかあったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です