50代PTSD女性の粉ミルク依存症

いろんな依存症がある。

アルコールや薬物
ギャンブルなら
【ビョーキ】と認識され易いが   ←病気と分けてある。
                  治るのに直さない性格

異物を食べる人もいて

そこには必ず
理由がある。

書き易いところでは

50代の女性
粉ミルク依存症

しかもだんだん濃度が高くなり
哺乳瓶が欲しいなと
思い出す。

尿漏れもあるが
年齢のせいにし
(出産経験など器質的問題はない)

口は達者
(内容にはみな閉口叫び

  ―ある意味
   退行してて
   口達者なら
   精神分析の対象なのですが…

太りだして周囲が気づき
ストップがかかりました。
 
    …

母親コンプレックスがあるんです。
  (複雑なものの否認)

いつも死んだ母ちゃんの話をし
母ちゃんのように振舞う。
自分は母ちゃんの死んだ年までしか
生きられない。

「だから好き勝手しててもいいの」

母ちゃんは離婚して
苦労して自分を育ててくれた偉人   ←神さまとして祭り上げる

しかし
職業にまつわる秘密や      ←ひた隠しの反動で人を見下す
朝ごはんが
売れ残りのラーメンスープだったこと  ←シェフのお料理に
                          格上げすることも

リューマチなどの
病気との関係への気づきとともに
寂しさも否認している。      ←これが一番の問題

玄米菜食の人なんかには
即観応し
感情的攻撃をする。

周囲は
収拾がつかなくなって
最初はアタフタ…
 
しかし
母ちゃんの話にふってあげると
たちまち解離し
夢見る夢子ちゃんになって
やさしくなるのを発見       ←学習効果
(変貌が怖いけど)        ←否認の条件づけ

子どもにテレビを見せたり
ゲームをさせておくのと同じ理屈で  ←人間のこころはシンプル

みんなは困ったらそのスイッチ
入れる。

かくして
PTSDは放置される。

忙しく複雑な世の中では
PTSDが増えるのです。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です