チリ救出劇で蘇る夕張の悲劇もある

チリ落盤事故は
PTSD研究の歴史に残るだろう。

そしてPTSDに
関心のある人もない人も
感動し
集合的無意識に癒しを与えただろう。

その影で
似たような事故で
家族を失った経験のある人たちは
胸がふさがる想いに耐えている。

仕方がなかったのだが
被害を最小限にとどめるために
水が注がれたのだそうだ。

こころが張り裂けそうになった
ショックが
やっと少しは
おとなしくなってくれた
トラウマが
うずきだす。

しかし
静かに耐えるのみ…

わが国で
PTSDを病むと
なにかと悲痛なのだ。

いつまでもこれを放置していいはずがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です