スタンダールも『崖の上のポニョ』精神の人だった

PTSD研究家翠雨の日記

弁護士の子として生まれ
何不自由なく暮らしましたが

7歳の時に亡くなった
母を終生
異常なまでに偏愛し続け

父を激しく憎み続け
 ―フロイトのエディプスコンプレックス
  みたいですね。
  道元なら昇華したのですが…

父と正反対の
ロマンチストの共和主義者として
その後の生涯を送ります。
 ―反面教師ですね。
  凄い意志みたいですが
  トラウマに翻弄されて
  させられてるんですよね。   

慣れないパリの生活での
学生生活では
ノイローゼ

軍人となっても
女遊びと観劇にうつつをぬかし ←治療を求めて…

スパイ扱いされて
失意のうちにフランスに帰国

ある種の不適応ですね。

でも能力がないからでは
ありませんから

不遇の時代に
作品を書き始めました。

【恋は甘い花である。
しかしそれを摘むには
おそろしい断崖のはし迄
行く勇気がなくてはならない】なんてことも
言ってますよ。

激しい内面を持っていました。

ポニョと一緒ですね。

フランス人は結構日本人に
近いですね。
 ―かれはフランス嫌いだったようですが…

PTSD研究家翠雨の日記力がない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です