友人を殺めて拳銃自殺した男性のPTSD人生

滋賀県草津市木川町の
砂池団地前の路上で

建設業男性(47)が
複数の男たちに囲まれ
刃物で刺され重傷を負い

犯行に加わった1人(40)は
拳銃自殺を図りました。

全員
暴力団関係者のようですが

友人殺害は
理不尽で
知性では解決できなかったのでしょうね。
 ―トラウマの再演です。

  非行の背景には
  必ず理不尽な生育歴が
  確認されるものです。

PTSDで
自傷と他害
どちらになるかは
運命の分かれ道です。
 ―病者になるか犯罪者になるか。
  自殺するか他者を傷つけるか…

象徴的な事件だと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です