竹林から脱出するかぐや姫 ~感官と食道

食道はで 
物理的存在

ユングや
西田幾多郎や
ニーチェが問題にした
感官
 ―こころと身体をつなぐ場所

文化的なものと
密接にかかわっている。

一緒に食べ物を分け合い
一日の出来事を
語りあい共有しながら
家庭の味という
文化とともに

家族的無意識が出来上がる。

戦争で
恐怖感とひもじさと
日の丸・君が代が
無意識的に条件付けられた  ←天然行動療法

国家的集合的無意識がある。

管から
竹がんむりを取ったら
官になる。

かぐや姫のように
放置したらはびこる竹
(集合的無意識)から

わがままと言われながらも
脱出することが
大事だ。

かぐや姫に同一視を起した
クライエントの表現を
かぐや姫同様の
わがままとみなした
大学教授は
今年箱庭療法学会で
弟子に
イメージの表現が行われない心理療法」を
発表させた。

そんなものあるかパンチ!

往生際が悪い叫び

0 thoughts on “竹林から脱出するかぐや姫 ~感官と食道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です