保護観察官あてに脅迫文で再逮捕のPTSD解離男性も実は治りたい

36歳のある男性
執行猶予付きの
有罪判決を言い渡され
保護観察処分を受けたが
保護観察所に出頭せず
刑務所で服役となった
刑務所から
保護観察官あてに
脅迫文を送りつけ
刑務所を出所したところで
また逮捕されました。
「精神科の病院に
入れてもらいたかったので
手紙を書いた」などと
供述しているようです。

感情に突き動かされるために
現実検討能力欠如型となり
ルール無視の
場当たり的
PTSD性
解離人格の典型です。
治療願望は強いようですが…あせる
日本が今つきつけられているのは
こういう人たちをどうするか?なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です