京都三大奇祭の一つ「鞍馬の火祭」の陰陽五行的意味

左京区の鞍馬山中腹で
大小約500本の松明が織りなす
勇壮な炎の舞が   ←華厳的でもありますね。
約1万1000人を魅了しました。
PTSD研究家翠雨の日記
「漆黒の闇に燃える火を見ていると
幻想的で
昔の時代に
タイムスリップしたみたい」と
観客は話しています。
はじまりは
平安時代とのことです。
 ―人間のこころの原理は
  昔からそう変わりません。
鞍馬寺の鎮守社・由岐神社の祭礼なのですが
由岐とは
輸璣でしょう。
北斗七星のことを
旋璣玉衝と言います。
$PTSD研究家翠雨の日記
北斗七星は
天の中心で回転していますが
由岐神社からも
大量のを天に送って    ←火は意識ですね。
天地交合させるイメージです。
 ―陰陽・意識と無意識・現実と非現実…
もちろん科学的ではありませんが
そんな風にイメージしたら
こころが深いところから
活性化されて
になりませんか?
  ―私は単純なのでなりますよニコニコ
北斗七星についてはまたいつかダウン
ドゥーベ(α Ursae Majoris、α UMa)天枢・天魁(貪狼)
メラク(β Ursae Majoris、β UMa)天璇(巨門)
フェクダ(γ Ursae Majoris、γ UMa)天璣(禄存)
メグレズ(δ Ursae Majoris、δ UMa)天権(文曲)
アリオト(ε Ursae Majoris、ε UMa)玉衝(廉貞)
ミザール(ζ Ursae Majoris、ζ UMa)開陽(武曲)
ベネトナシュ(η Ursae Majoris、η UMa)揺光(破軍) 別名アルカイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です