耳かき店員殺人被告は意味あるPTSD手記が書けるだろう

膠原病という
大きなストレスを抱えながらも
まじめに生きてきたが

解離殺人を犯してしまった
容疑者からは

いろんなことが
学べます。

昨日は

入店拒否された
絶望感や
相手への怒りで
追い詰められた

語っています。

解離の背景にある
制御しがたい感情

でも(逮捕され隔離されただけでも)
冷静に考え直し
反省することができるし

自分にしか知りえないことを
説明する必要があると
語っています。

こういう人の手記は
広く読まれ
多くの人を救う力があるでしょう。
 ―企画もないのに
  妄想してる…ニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です