『チャングム』第四十八話 伝統の奇跡

天敵の悪徳女官が
崖の下に転落したあと
 ―ASDでしょうね。
  自殺ではなく
  夢中自死です。

$PTSD研究家翠雨の日記

チャングムは
母の無念
宮中の書物につづり

母が若いとき
松の木の下に埋めた
柿酢に逢いに行くと

なくなっているのを知って
泣いています。
 ―自分が天敵に教えたのですが
  たった1つのよすがですから…

【如人千尺懸崖上樹】では
木の下の人は
「ダルマ大師がインドから
中国に来た意味は?」と
聞いています。

教えを伝えるためですから
【伝統】の大切さです。

悪人に邪魔され
殺されそうになりながらも

真面目に真っ直ぐ前を向いて
努力を続けていたら

見えない力に助けられながら

伝わってゆくものがあるのです。

それが奇跡と
いうものでしょう。

$PTSD研究家翠雨の日記奇跡にも陰陽…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です