大仏殿で見つかった1250年間行方不明の刀と陰陽五行説

$PTSD研究家翠雨の日記

奈良の東大寺で

荘大刀
(きんぎんそうのたち)2本が

約1250年にわたって行方がわからなかった

正倉院宝物の大刀
「「寶劔(ようのほうけん)」
寶劔(いんのほうけん)」
だったことがわかりました。

聖武天皇の遺愛品で

光明皇后が大仏に献納し    ←華厳っぽい名前ですねニコニコ
正倉院にいったん納められたのですが
外へ出されたまま
所在がわからなくなっていたようです。

$PTSD研究家翠雨の日記

常に
陰陽が出てくる源   ←対立概念
太極に退行し
そこを否定して
進化し続ける

そういう自己実現イメージの
【象徴】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です