宮城の行持院眞壁太隆さんのPTSD治療

行く当てのない人を
誰でも受け入れる寺が
あります。

訪れる人に
何も聞きません。

「みんな
赤っ恥をかきながら
ここに来たね。

ふつうに暮らしていたときは
まさかそういう身には
ならないと
思っていたわけです。

その方の胸の中にね
土足で踏み込むようなことはしません」

そして
質問しようとしたら

「おれに難しいこと聞くな。
仏さまに聞け」
 ―曹洞宗らしいです。
  道元も
  坐禅だけしたらよろしいと
  言ってます。

徹底してますね。

これ
私の好きなスタイルです。

場を与えるだけです。
 ―箱庭も分析室もカウチも
  場です。
  そこで無になると
  クライエントさんのセルフが
  出てきます。
  そういう意味で何にもしないのが
  専門家なのです。

答えは
その人のトラウマのなかに
あるわけですよね。

自分が一番近いところにいる。
 ―細かい生育歴や好みなど
  他人にわかるハズがない。
  それをいちいち嘆いていては
  時間のロスです。

そういう当たり前のことを
忘れたらダメです。

「こんな座布団でいいの?」
「治った人いるの?」くらいは
聞いてもいいですよニコニコ

1 thought on “宮城の行持院眞壁太隆さんのPTSD治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です