朝日新聞『獅子頭』第二百二話 桜の【象徴性】

中国人たちが
花見についてあれこれ
話しています。

なんだか
感覚的に
よくわからず
ついてけないみたいですね。

 ―私たちが
 「チューリップの前で
 宴会しようよ!」って
 言われてるみたいな感じかな?

日本人なら
「花見」と聞いたら
なんか心が躍りますね。
 
$PTSD研究家翠雨の日記

昔は
緑が生え
稲作を始める時期に咲くため
暦代わりに使われていたようです。 ←旧暦
 ―北極星は一年を通じて
  こういう目安になるので
  神格化されました。

日本の年度は
4月始まりですし

普通の学校には
サクラが植えられてますね。

なので
学びや人生の転機を
象徴するようになったのかも
しれません。

年齢によっては
戦争イメージや
出会いと別れ(卒業と入学)
失望(受験失敗)も
入ってるかな?

こうして
無条件に人のこころを動かすものを
象徴と言います。

箱庭療法や夢分析で
大事な考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です