育児放棄されたクヌートくんいじめに遭う

2006年12月5日に
ドイツのベルリン動物園で
生まれた
ホッキョクグマです。

母グマのトスカが育児放棄したため
人工哺育を受けました。

愛くるしい風貌で
ドイツ国内のみならず
世界中で
人気者です。

$PTSD研究家翠雨の日記

先月
飼育場におひっこししたのですが

脅されたり
池に突き落とされたり
いじめられています。

子どもは
マザリングによって

言葉にならないような
微細で繊細なこころの感覚を
身につけます。

それがないと
クマの世界でも
KYとみなされるのですね。

「いじめちゃいけません」って言っても
お姉さんクマたちは
「そんなの関係ねぇー」

飼育場を変えても
同じことでしょう。

人間の友達がいるから
クマの友達は要らないか?

それも寂しいねぇ…

その治療を
精神分析はしますよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です