『チャングム』第五十話 【背山臨水】は自己実現イメージ

唐突ですが
 ―いつものこと…

共通点は何でしょう?

PTSD研究家翠雨の日記

PTSD研究家翠雨の日記箱庭っぽいドキドキ

【背山臨水】
 ―四神相応の具現化です。
  哲学のイメージ化です。

野性の思考って言います。
なぞなぞを解くカギですが  ←子どもの公案
無意識のイメージ解読には
欠かせません。
 ―日常会話では伏せないとね。
  変人扱いされますよ。
  誰かみたいに…汗

チャングムを慕う役人が
ある場所をほめ
理由として
そう言ってました。

水(無意識)に対面し
こころが決まる(落ち着く)と
山を越えて行けるのでしょう。

このあと
チャングムは  ←実は逃げ出そうとした…
宮中に戻り   ←何度も太極に戻ります。
そこに嵐を呼び
また一回り成長するのです。

人を甘やかし
堕落させるイメージじゃなくて
(神と一体になる西洋理論なら
 自分で考えなくなるじゃないですか!)

勇気を与えるイメージみたいですねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です