トラウマティックな『中森明菜・心の履歴書』

1989年自殺未遂事件あたりから
明らかな不調を引きずってますね。
 ―痛々しい記者会見
  YOU TUBEにあります。
  普通は持ちこたえられないのを
  懸命に持ちこたえています。
  根性は凄いです。

自伝的著書がありますが

少し読むだけで
つじつまが合います。
 ―痛々しすぎて
 全部読んだらズドーンとくるでしょう…

幼少の頃ですが

★病弱で
いつも熱を出して寝込んでいたが

★母親が
『明菜さえいなかったら』って
お酒のむたびに
言い出して泣く。
 ―自分も赤ちゃんだった時の
  筋肉注射のせいで
  足が痛いのだと。

★父親の浮気と

★そこからくる夫婦喧嘩が絶えず

★家庭は荒み

★学校を休んだ日
給食のパンを届けにきたクラスメートは
不審に思う。

いつも雨戸がしまっていて

何度か声をかけたら
玄関からお姉さんが
ソーッと手を出して
黙って引っ込める。

★家庭訪問の前に
「うちにはこなくていいと
お母ちゃんがいってます」と言われ
おかしな家だと思った担任は

散らかり放題の家に驚く。

★親しい友達なんか
つくれるはずがない。

★朝ごはんは1度も食べたことがなく
給食室前の「今日の給食」の見本を
つまみ食いしてた。

昔は
ハングリー精神から
成功した芸能人が
たくさんいたようですが

今は
一般の子どもにも
こういう子が増えてるんですよね。

虐待とみなされています。

トップアイドルは
時代のカナリアですね。

そりゃ歌えません…

0 thoughts on “トラウマティックな『中森明菜・心の履歴書』

  1. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あたっきさん
    プロフィール画像が明菜さんである人は、もっと違う言葉を使うのでしょう。
    記事楽しみにしていますよ(^_-)☆

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です