福知山線事故現場の怨霊が今月運転士を事故らせた?

乗客106人が死亡した
兵庫県尼崎市の
JR福知山線脱線事故現場で

今月14日

快速電車(7両)が
速度超過でカーブに進入したため
自動列車停止装置(ATS)が作動し
緊急停車していたことが
わかりました。
 ―怪我をした人はいません。

運転士(23)は
「考え事をしていて
ブレーキが遅れた」と
言っています。

同社は
「事案を公表することで
運転士に過度なプレッシャーを与え
懲罰的になることを懸念した。
社内では情報共有し
運転士への安全教育を徹底している」と
説明しています。
 
運転士が
考え事をしてしまったのも

同社が
発表を躊躇したのも

脱線事故による
トラウマ被害に由来しますね。

『源氏物語』では
人の怨念が
殺人や解離事件に
貴人たちを
 ―発達障害でも人格障害でもない
  高貴な方々です。

導きます。

平成日本では
そういうのを

怨霊とか言わないで  ←中世までの話

【トラウマ】による
【解離】と呼びます。

普遍的なものです。

怨霊を鎮めるには
トラウマを癒します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です