茨城で事情聴取中の無実少年の顔をたたいた解離巡査

茨城県警監察室は

事情聴取中の
少年の顔をたたいた
男性巡査部長(41)を
懲戒処分にしました。

窃盗事件の参考人の
中学2年の少年(13)の
右ほおをたたき
口から出血させながら
事情聴取を続けました。

「少年のあいまいな態度を
たしなめて反省させようと
思い
突発的に手を出してしまった」と
説明していますが

この少年は事件に
関与していなかったとの
ことですし

【解離】ってことが
ありますから
あいまいな態度には
慎重な接近が必要だと思います。

未成年ですし
非暴力でお願いします。

そしてこころのケアも
加害者側の責任として
お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です