高松で祖父刺殺フツーの家庭の二十歳女性

同居の祖父を刺殺したとして

香川県警高松北署は
自称会社員女性(20)を
逮捕しました。

「祖父が嫌いだった」と
言っています。

弟の面倒をよくみる
印象をもたれている孫と

気さくな印象の祖父です。

人を嫌うことは
よくあることですが

刺殺するのは
相当なハードルがあります。

一気に超えさせるのが
【解離】の怖さです。

普通の家庭ですが
フツーでない事情が
あるのです。

こころの目で見ないと
見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です