京大病院インスリン殺人看護師のPTSD治療案

入院中の90代女性に対し
不要な低血糖発作を引き起させ
一時意識不明の重体に陥らせた

元看護師(24)に

懲役1年6月の判決が出ました。

「仕事にプレッシャーを感じ
患者へのいら立ちを
解消
するためという動機は
勝手だ」          ← 身=無意識が入ってる

「看護師の立場に乗じ
医療を装って
患者の身体を害した刑事責任は重い」 ←似た事件増加中  
というのが

判決の理由です。

ストレスを感じたときに
直接的即座的に解消しようとする

それが問題ですね。

まだ24歳です。
これから長い長い人生があります。

意志が弱くて
ストレスマネジメントが下手というのでは
なさそうですね。
 
背後に
大きなトラウマがあって
いたずらするのでしょう。

いたずらっ子を捕まえて
言い聞かせる
こころの作業をしたら
よいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です