慢性疲労症候群かPTSDかの論争再燃

朝日新聞の『ひと』

本日は
慢性疲労症候群の52歳の女性

1992
米国の大学留学中
身体に鉛がつまったような重さに
襲われ
背中が痛くて眠れなくなり

【慢性疲労症候群】と診断されますが

帰国したら
(日本の医者に)

【身体表現性障害】と診断されました。

 ―名前をつけて
  不問にするのが得意叫び

アメリカでは最近
患者の86.5%に
免疫機能低下を起すウィルスが
見つかったそうです。    ←厚生労働省に再度アプローチ中らしい

奇しくも本日

突如活動休止の
中森明菜さんの病名は
「非公表だが
免疫力低下のため」と報じられました。

無意識的なトラウマとの攻防に翻弄されて
疲れ果てたら
(身体的な)免疫力も低下するでしょう。

静電気のように
いろんな病や悪人を
引き寄せ易くなります。

病状は百花繚乱です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です