爆笑問題太田光の『マボロシの鳥』とPTSD時代

$PTSD研究家翠雨の日記

なぜ鳥か?と聞かれ

★ケンタッキーで書いてたからかなぁ…  
 ①お惚け
 ②阿頼耶識は異熟するなり(唯識)
  響きや駄洒落で創られるものなのです。

★『鳥の詩』時代の清純な杉田かおるさんが
  なぜ、ああなっちゃったのか?という
  素朴な疑問

 ①笑いが取れる
 ②PTSDの標準モデル
   ―そういう人多いですよ。
   昔の写真見せられて
   いつも仰天します。
   別人ですから…あせる

$PTSD研究家翠雨の日記

真面目に不真面目を演じてるのです。

爆笑とは心身一如的な【太極】の笑いです。

 ―そうしようとしても無理であり
  抑えようとしてもこみ上げてくる
  笑いのことです。

いろいろ社会的に理不尽な問題はあるけど
それをストレートに言って
犯人さがしして
鬼の首とったみたいに言うのでは
芸がないと
いうことらしいです。
 ―PTSDは
  下手すれば
  被害者が加害者になる世界ですからね。
  鬼の首取った先が大事ですしね。

宮崎駿もそういうこと
言ってました。

 ―能登半島地震を
  笑い飛ばすおじいさんからも
  ポニョの発想をもらったそうです。

易学的には
鳥は春みたいな
活き活きとした胎動のイメージですね。

PTSDを取り巻く環境に
変化あれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です