神戸市須磨区殺傷事件の容疑者は重度のPTSD

29日早朝に起きた
殺傷事件ですが

★執拗に
被害者二人の頭や顔などを殴り
一人は死亡
もう一人は頭の骨を折るなどの
大けがをしています。

こころが
大変な攻撃性に乗っ取られています。
この見境のなさは病的です。

★妹(20)が
連れ回されていると思い込み
勝手に腹を立てています。

内的対人関係が異常です。
複雑な防衛機制が働いているからでしょう。

また

★「ニュースを見て
大変なことをしてしまったと思った」と
話しています。

こんなことしてしまったら
ニュースなんか見なくても
その場で立ちすくむでしょう。

わけがわからないうちに
犯行が行われたものと
想像されます。

重度のPTSD
解離人格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です