こんなのを【アスペルガー症候群】って呼んでるらしいよ

本日の
朝日新聞には
発達障害の記事が
ありましたが…
 ―どうもすこーしずつすこーしずつ
  PTSDだったことにしようとしているような…
  間違いでしたとは書けないからねニコニコ
 

小学校4年生男児

給食当番ができない。  ←生活症状って言うんだって!

均等に
おかずを配分するのが
妙に難しいから。  ← 一即多の問題だからねニコニコ

成績優秀なやつが
そんなこと言ったって
だれも信じてくれない。

「のろま!」
「サボり!」

罵声で萎縮し
言葉が出なっちゃた…あせる

昔なら変人あつかいですが

今はアスペルガーの診断が
つきます。

変人よりは
ハイカラでトレンディな名前がついた方が
親は安心です。
 ―自己実現を勘違いした親には
  (相当多い)
  個性的でかえって
  輝いて見える。
  (妄想)

大学病院の先生なんかが
バックアップしてくれるし
研究の最先端の薬を呑めば   ←治験よりひどいのに!
いいし…
 ―アカデミックな香りラブラブ!

★なぜ
給食の配分のような
簡単なことができないのか?

★なぜ困った状況を
説明できないのか?

★なぜこころが萎縮したら
言葉がでてこなくなるのか?

そのおおもとに還って
考え直せば
【PTSD】が出てくるはずです。

二元論で解こうとするから
発達障害になるのです。

PTSD研究家翠雨の日記

専門家は
ポニョみたいに
公案を解けメラメラ

一即多 多即一って    ←華厳思想
おかしいでしょ!

1=1000  って
言ってるようなものですから。

でもおかしくないんです。

そういうところから
考えないとダメなんです。

$PTSD研究家翠雨の日記一緒くた

発達障害の親子は
玄関で
生活してるみたいなものです。

奥の間へどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です