ドッペルゲンガーはPTSD解離自殺のサイン

自分そっくりの人を見る体験です。

芥川龍之介は
その体験から
『二つの手紙』を書き
『歯車』を書きながら
自殺しましたドクロ

人格の解離でしょうね。

客観的な自分はそのままに   ←当たり前!
主観的な意味で
解離を起していたのでしょう。

芥川龍之介は
それを放置したから
歯車が合わなくなって
自殺したのでしょう。

こころの中の檻を
しっかり閉めておかなければ
中から猛獣が逃げ出して
おまえ自身を食い殺してしまうぞ!と

ヨーガは教えています。

そういう意味で
見えたら注意ひらめき電球

デス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です