建築業界でも似たような告発『大改造!!ビフォーアフター』

番組に応募し

2100万円もの費用をかけて叫び
リフォームしてもらったのに

「我が家を台無しにされた」と
中野区のラーメン店経営の男性が
実名告白したらしい。

匠と呼ばれる
建築家には
★ 手書きの見取り図だけみせられ
★完成までに会ったのはたった2回。

見かけや利便性が
悪くなってるだけでなく

第三者に調査を依頼すると

「リフォーム以前の建物より
品質が悪くなっている。

基礎、耐力壁、断熱、防火など
あらゆる箇所で瑕疵が見受けられます」
(日本建築検査研究所)

とのこと。

何のために
お金と時間をかけたのか
わかりませんね。

あの番組は
ショーの要素が強く
施主の希望は通らないという
声もあるようです。

    …

どこの世界も似てますね。

あんまり説明されず
間違った見立てのまま
結構高額の治療費払って
病状が悪くなること

少なくないですからね。

学会の有名人が       ←匠
今年は
【発達障害でいこう!】と

舵取れば

そのショーに付き合うしかない。

たましいの意図は
全く通りません。

少しずつそういう悪習は
崩壊しつつあるのが
救いですが

まだまだ油断はなりません。

易陰陽五行説では
宇宙のすべて
 ―政治・教育・文化・建築・医療・料理…

陰陽と五行で説明します。

PTSD研究家翠雨の日記

$PTSD研究家翠雨の日記

机上論でないのは
残存する古い建築物を見たら
一目瞭然です。
こういうのを匠というのです。
(空の思想も入ってますダウン

PTSD研究家翠雨の日記

西洋かぶれしたのはだめです。

人魚姫じゃなくて
ポニョやかぐや姫ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です