自力では限界だと証言する清水健太郎がグローバル・スタンダード

本日届いた
同窓会の会報で

カリフォルニアで
サイコセラピストをしている
三ヶ尻靖子さんは

依存症は
家庭で怒りを表すことが
許されなかった人に多く

上流社会であろうと
信仰熱心な家庭であろうと

その犠牲者は存在すると
紹介し

「…覚せい剤所持で
酒井法子さんが逮捕された際
日本の新聞報道にあった
「意志の弱さ」や「甘え」が
原因とする説は
専門家に否定されて

久しい」と書いている。

そんなことをシラフで言うような
専門家は
とっくの昔にいなくなったと
言っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です