みすず書房『心的外傷の治療技法』 ~蘇った精神分析

精神分析の人たちが
がんばってますよ。

PTSD研究家翠雨の日記

★19世紀末
精神分析の開祖フロイト
フランス精神医学界の巨星ジャネ
それぞれ研究を著すことによって
心的外傷の研究はひとつの頂点に達した。

その後
盛衰を繰り返すことになったが

★わが国においては
1995年の阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件という
大惨事により

PTSD(外傷後ストレス障害)という
診断名とともに
心的外傷が注目されるに至ったわけだが

著者は
大震災の地で精神科医としての
人生をスタートさせたらしい。

フロイトの外傷論のほかに
フロイトににらまれ
偉大ながら孤独な
フェレンツィやバリントの業績を  ←このあたり共感ドキドキ
再考しつつ

解離性同一性障害患者の症例
いじめ、自殺、PTSDなどを
論じているらしい。

PTSD研究家翠雨の日記 ←前著

これが
こころのケアの最低常識となれば
いいなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です