『夜間飛行』と『星の王子さま』と『紅の豚』

積み上げた本が
一部崩れてきて

$PTSD研究家翠雨の日記

飛びだしました。
 
『これを書け!』ということでしょうか?

今では使えない
50フランです。

作者の肖像と星の王子さまが
印刷されてます。

北アフリカへ行くとき
フランス経由しました。

飛行機が
アフリカの大地に着陸するとですね。
拍手の嵐になるんですよ。

なんか
当たり前のように思ってることが
傲慢な感じに思えました。

他の地域で飛行機に乗ったとき
コレがない寂しさを
実は独り味わっていますニコニコ

『星の王子さま』が有名ですが

『夜間飛行』(1931年)
『人間の土地』(1939年)も
ベストセラーですよ。

作者は
北アフリカ戦に参加してるんですね。

夜間飛行をするようになったのは  ←危険
(郵便を運ぶ)
こころの作業ではなかったかと
ふと気づきました。

地中海あたりで
行方不明になったのですが

彼の飛行機を撃ったかもという
人が現れました。

愛読者だったそうで
「知ってたら撃たなかった」と
肩を落としています。

『紅の豚』で
1920年代の飛行艇乗りを
描いた宮崎駿も
サン=テグジュペリの愛読者です。

戦争体験は
文学に昇華しながら
異熟しつづけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です