三宅雪子議員がミュンヒハウゼン症候群代表になってる!

ウィキぺディアみてびっくり叫び

さっそく
タイトルのようになってます。

実在した
「ほら吹き男爵」の名前が   
そのまま病名になったもので

自分に周囲の関心を引き寄せるために
虚偽の話をしたり
自らの体を傷付けたり
病気を装ったりする症例のことです。 
 ―三宅さんは
  ここまでじゃないけどね。

【演技性人格障害】
(DSM-Ⅳ-TR)という視点もありますが

演技性=ヒステリーですし     

「人格障害」なんて
小耳に挟んだら
必要以上にそれらしく
(本物より本物らしく)    ←誇張
暴れるようになってしまうので

ここは診断名を使わないほうが
無難なのです。

もしかしたら
アスペルガー増加も
そういうことかな。

内容はどうでもよく
注目されるならそれでよかった…ドクロ

 ―心理学業界での
  1960年代の診断有害説は
  ここからきてます。

  扱うのはPTSDだけだから
  わざわざPTSDっていうこともなかったし…

平成になって
事情がかわり
そうは言っておれなくなりましたがね。

表向きPTSD否認してても
水面下では
実態把握が進行してる証です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です