京都大学こころの未来研究センターでは自閉症は不治の病

2009・2・28に
国立京都国際会館で
ユング派分析家で発達障害研究家でもある叫び
河合俊雄が
以下のように説明しています。
(最近、箱庭の学会誌に掲載された)

自閉症児に対しては

1970年以前は
(心理的問題と考えられていたので)
プレイセラピー中心の
対応が普通だったけれど

$PTSD研究家翠雨の日記

その後
器質障害とか認知的問題と
捉える人がだんだん出てきて

今では(2009)
脳科学の発展により

中枢神経系の障害として
見る立場が強くなって

心理療法はそこからくる
二次障害にしか     
(発達障害で対人関係がうまくいかない
 イライラとか不眠とか)  
関われないと
世間では思われていますが

京都大学こころの未来研究センターでも
それは同じで
教育・訓練が
主流になっているようで

お母さん方は
子どもが障害児であるという
ショック
自分の育て方のせいではなかったという
安心感の間で
ゆれているそうです。

PTSD研究家翠雨の日記

陰陽二元論を超えたところに
答えがあると
気づいた人が
治ってゆくのでしょうね。

やはり解決には
【一太極ニ陰陽】の元型が
動き出す必要があるようです。

ユング派なら
元型論を駆使して
脳科学者の同僚を論破し
黙らせるべきですニコニコ

講演から随分時間が経過しましたが
センターのみなさんは
どうお過ごしでしょうか?

ちょっと慌ててますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です