絵に描いた一休さん驚く?

京都にある
大徳寺塔頭
   (たっちゅう)
真珠庵の一休さんの肖像画に
穴が開いているのが
見つかりました叫び

侵入したアライグマが
額の上で
柿を食べようとしていたようですが

$PTSD研究家翠雨の日記

和尚さんは
アライグマには罪がないと
おっしゃってます。

一休さんといえば
漫画の頓知が有名ですネ。

屏風からトラを出せという
かのおもしろい話は

【心不可得】という公案を
おもしろおかしくしたものです。

正法眼蔵では『画餅』に
道元の解釈があります。
 ―普通の解釈よりヌケてます!  ←ほめ言葉ですドキドキ

絵に描いた餅は食えぬ?

いえいえ
心理療法では
絵を描くだけで
空虚なこころも豊かになります。

道元も
そこに
父母未生の面目ありと ←無意識のリセットの秘策
言ってます。

$PTSD研究家翠雨の日記

絵に描いた一休さんと
アライグマの会話
充分成り立ちます。

私たちのこころのなかで
ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です