『チャングム』第五十一話 病を耐え抜かせる

天然痘が不治の病であったころの
話です。
貧民街の子どもたちと
王女の子どもが
罹患しました。
$PTSD研究家翠雨の日記
象徴である宮中と民
【一即多 多即一】
不治の病を前にすれば
平等
です。
チャングムの見つけた
治療法の特徴は
【病を耐え抜かせる】方法でした。
 ―熱や発疹を抑えることなく
  自然な経過を辿らせます。
しかし
身体的苦痛はひどく
死への恐怖という
心理的苦痛も大変なものです。
チャングムは子どもたちを
付けながら
看病します。
ユングも
心理療法は患者にこころの強さと
哲学的忍耐力をつけさせること
だと
言いました。
PTSDは
現代の天然痘みたいなものでしょう。
究極的には
治療ではなく
看病
なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です